logo.jpglogo.jpg

中村幸代エッセイ

カウンセラーに学び

エッセイ.png

誰かに相談されると、なんとか役に立ちたい!と必死になって、かえって空回りしてしまうことがあります。助けたい一心で、懇切丁寧にアドバイスするものの、相手の顔は一向に晴れない。なぜか。

親切について

スクリーンショット 2018-06-13 18.22.33.png

山手線で外国の男性に、いきなり席を譲ってもらいました。私も普段、お年を召した方に座席を譲るのは苦ではなく、むしろ杖をついた人や妊婦さんが揺れる車内で立っていることに違和感を感じ・・・

袖擦り合うも多生の縁

袖すり合うも.png

縁とは不思議なものです。数年前のことですが、たまたま手を挙げて乗車したタクシーの運転手さんに「お客さん、前にも乗せたことあるよ。確か目黒あたりから乗ったよね?」と言われたことがあります。

心で前を向いて

スクリーンショット 2018-04-25 15.15.29.png

今朝、私鉄からJR線に乗り換えるとき、桜色のコートを着た、目の不自由な若い女性を見かけました。杖でリズミカルに足元をたたきながら、しっかりとした足取りで乗り換え改札へと進んでいかれました。

相手は鏡

スクリーンショット 2018-04-25 15.54.09.png

この春5年生になる娘の塾のガイダンスに行ってきました。先生は、偏差値60以上を目指すと宣言なさり、塾の授業時間もぐんと増えます。果たして、我が子はついていけるのだろうか、、、。母親の私が受験するわけではないのに、なんとも重たい気持ちになりました。

戌年に思うこと

戌年に思うこと.png

2018年は戌年。ワンちゃんを飼っている方も多いことでしょう。私が初めて犬を飼ったのは、小学生の時。学校からの帰り道に首輪をしていない子犬を見つけて抱いて帰り、反対する親を泣きながら説得してようやく飼えることになりました。

他人の目、自分の目

他人の目自分の目.png

娘の幼稚園で知り合ったママ友達とは、約5年の付き合い。先日、近所でお茶をしていたら『幸代さんて、"チャラいけど雰囲気の良い人だなー”って、知り合った頃から思ってたよ』と言われました。

大原治雄という写真家

大原治雄という写真家.png

たまたま目にしたニュース番組で、大原治雄という写真家を知りました。彼は、17歳で農業移民としてブラジルに渡り、その地で同じ日系移民の日本女性と結婚。9人の子供を育てながら農地を開拓し、やがて写真に目覚め、愛する家族や自らが汗を流して開拓したブラジルの大地をフィルムにおさめた人です。

1位でなくても

1位でなくても.jpg

子どもの頃から、かけっこが苦手でした。運動会のかけっこで1位になる人は、ゴールで白いテープを切りますよね。あれが実にうらやましかった。

スポーツが苦手な秋

スポーツが苦手な秋.png

寒い冬を迎える前のこの時期は、紅葉も美しいですし、おいしい秋の実りを頂くと気持ちがホッコリしますね。暑すぎず寒すぎず心地よい季節です。

娘のことば

名称未設定-1.jpg

このところ10才の娘が私にくれるアドバイスが、的を得ているので驚いています。昨日も、娘のとある質問に対して・・・

お母さんにあげる

vol70_h1.jpg

先日、初めてチャリティフリーマーケットに出店しました。前々から、フリマに出店する際には、小さくなった子供の服に加えて、ぜひ売りたいと思っていたモノがありました・・・

その奥にあるもの

1.png

ほぼ毎日のように電車に乗りますが、車内を見渡すとスマホを見ている人がほとんどですね。私も電車に乗ると・・・

小さな蜂の使命

hachi.png

我が家の玄関の真上に、蜂が巣を作ってしまいました。といっても、スズメバチのような凶暴な種類ではなく、2センチくらいの比較的小ぶりな蜂・・・

ALSと生きる武藤将胤さんという人

67-1.png

自分がとても苦しいときに、それでも他の人のことを思い、自分に何ができるかと心底考え、行動することができるだろうか・・・

試練を楽しむ

essay.jpg

先日、仕事上の試練がありました。テレビ番組、あるいは催しなどのために作曲をするのが私の仕事。先方の望む…

林明子さんの絵本から

essay.jpg

小雨の中、傘もささずにしゃがみこむ小さな女の子が、目の前の蟻に話しかけるように微笑んでいます。ほかに…

まるごと認めて、そこから一歩

essay.jpg

何につけてもネガティブ思考よりポジティブ思考の方がずっといい!と、頭ではよーくわかっているのですが、不…

また行きたくなるお店

essay.jpg

駅前に、とっても安い八百屋さんがあります。新鮮な野菜や果物が所狭しと並び、細い通路はいつもお客さん…

森の妖精

essay.jpg

「森には昔から妖精が住んでいて、その妖精と森を大切にすれば、たくさんの恵みや喜びをくれる。その喜びを…

正解はひとつ?

essay.jpg

少し前のことですが、息子が小学生の時の国語テストに、『借りる⇔( )』という問題がありました。つまり、「借…

アクセサリー

essay.jpg

日本人には、謙虚さや奥ゆかしさを美徳とする風潮があります。そのせいか、「ちょっと派手かしら?」と思うよう…

ワールドギフトって素晴らしい

essay.jpg

わたしはとある夢を何度もみます。それは、引越し前夜なのに、全く荷物がまとめられていない夢。私の実際の…

人工知能に、とって代わられないものは

essay.jpg

一昔前まで、ロボットは“人間の命令が無ければ動かない”というイメージでしたが、この頃のロボットは自ら学…

開いていく

essay.jpg

先日、友達とお茶をした時にポツリと彼女が言いました。 『この歳になってようやく気がついたんだけど、心…

タンポポの綿毛

essay.jpg

私はタンポポの綿毛が大好きです。 子供の頃、あの綿毛を見つけてはポキンと茎ごと頂いて、大事に家ま…

心に届いた贈り物

essay.jpg

なにか贈り物を頂くことは、嬉しいものです。 たとえ好みと違っていても、“私のことを思って選んでくれたん…

いつかスッキリ暮らしたい

essay.jpg

我が家の部屋の状態は、いつも『とりあえず』です。いつかリサイクルに出そうと思い、残してある服の山。いつ…

その日がくるから

essay.jpg

実は6年前、息子は私立小学校を受験しました。もちろん本人の意思ではなく私の意思で。子育てなんて初め…

その日のために

essay.jpg

子どもの頃、勉強は好きでしたか?私は、どちらかというと「NO」でした。「人事を尽くして天命を待つ」という言…

我ら・・・

essay.jpg

最近、子ども達と盛り上がった話題が「宇宙人は存在するか?」です。我が家の見解は全員一致で「存在する…

こんにちは

essay.jpg

娘が小学一年生の時に、近くの警察署の方が「不審者の対応」という授業をしてくださいました。「知らない人…

アルバム

essay.jpg

棚の奥にしまいこんでいた真新しいアルバムを小学2年の娘が見つけて、「写真貼ろうよ!」と言ってきました。…

秘密の場所

essay.jpg

来年の2月に受験を控えた息子が、先日悲しそうな顔をして、つぶやきました。 「小さい子はいいなあ、好きな…

南の島から

essay.jpg

私はこれまでにパプアニューギニアをはじめとする、太平洋戦争の傷跡が残る南の島々を訪れる機会を頂いて…

まんなか辺の道

essay46.jpg

長男を病院で出産して、退院の日。8ヶ月で生まれてきた壊れそうな小さな命を、慣れない手で抱きかかえな…

青い星

essay45.jpg

先日、書店に立ち寄った時に「地球がもし100㎝の球だったら」という本に目がとまり、子ども達と読んでみるこ…

小さなまごころを

essay30.jpg

最近、たてつづけに近所に保育施設が2軒建ちました。 仕事をしながら、分刻みで育児や家事に追われる、働…