ブローチ

2019.5
文:中村幸代


green cafe essay vol.91
「ブローチ」

お世話になっている女性の誕生日に何か贈りたいと思い、お店をフラフラしていたとき、花のブローチが目にとまりました。

試しに胸元にあててみて、ブローチの上品さに初めて気付きました。
イヤリングやネックレスは、これまで小ぶりなものから大ぶりなものまで、いろいろ試してきましたが、ブローチの魅力に気付いたのは、ほぼ初めてのこと。そういえば、皇室の女性がパールのネックレスと共に、胸元にステキなブローチをしていらしたっけ。

コサージュは使う機会が限られてしまいますが、ブローチなら年中使えて、流行り廃りもあまり無いような。店員さんも「私は、贈り物には必ずと言って良いほどブローチを選ぶんです。胸元に付けるのはもちろん、スカーフやバッグ、帽子にも。時にはペンダントヘッドにも使えたり。その方のセンスで使ってもらえて、それにとても長持ちするんですよ。」
なるほど、良いことを教えてもらいました。
結果、プレゼントした女性にとても喜んで頂きました。女性への贈り物として、私もブローチをオススメします!
「長持ち」と言われて思い出したのですが、私が小学生の時に父からもらったバンビのブローチ、未だに引き出しにしまってあるのでした。引越しを重ねても捨てられることなく、40年も私のもとに。今まで一度も付けることは無かったけれど。今度、デニムジャケットの襟元にでもつけてみようかしら。

文・中村幸代

MORE TO READ

サンダーソニア

10月のプレート

姿勢を変えて、心と体を整える

自分の心を見つめる

オーケストラとの初共演を終えて~前編~

雪柳

袖擦り合うも多生の縁

2月のプレート