心のストレッチ始めませんか



2014.09.01

季節の変わり目は心も身体も不安定になりがちです。特に夏から秋に変わる頃は、何となく感傷的になったり憂うつな気分になったり。。
個人差はありますが、心の中は自然と同じように日々変化し、動いています。晴れやかな気持ちの日もあれば、気分が沈んでいる日もありますね。

ストレッチは、体が柔らかくなり、健康やアンチエイジングに効果的です。
心も体と同じように、ストレッチすることで毎日がより快適に過ごしやすくなります。季節や環境の変化によるストレスに有効な、心のストレッチ方法をご紹介します。

「今、この時」に集中する

 私たちの心は、過去の嫌な記憶に囚われたり、先の見えない不安に苛まれたりしがちです。そんな時は数回ゆったりと深呼吸して、かけがえのない「今、この時」に、集中してみましょう。嫌なことはちょっと心の外に置いて、「今、この時」にやるべきことに集中すると気分が少しだけ軽くなります。

 この、「何かに集中する」ことで雑念が遠のき、気分を落ち着かせることのできる基本は「呼吸」にあります。試しに、息の出入りを意識して、呼吸を行ってみましょう。始めのうちは雑念が思い浮かびやすいですが、無理に雑念を押し出そうとはせずに、雑念が浮かんでは消えていく様子を、川に浮かぶ葉っぱを眺めるように、少し離れた位置から眺めるようにイメージしてみて下さい。
 心を無理に動かそうとせずに、自然に身を任せて呼吸をする習慣をつけると、徐々にザワザワしていた心が落ち着くようになります。

「気づき」を大切に

 何かが身の回りで起こった時に、瞬間的に思い浮かぶ考えを捉え、自分の考え方のクセや、その時取りやすい行動のパターンなどに、“気づく”ことも大切です。自分はどんな時に何をストレスと感じ、どういう行動に出やすいのかに気がつくことで、対応の仕方や、周りの環境を調整したりと、対策が立てられます。
また「気づく」ことで、「自然体の自分」を受け入れ、ストレスと上手く付き合っていくライフスタイルにシフトしていくことができるようになります。

 自分が気になっている事を、ひとつひとつゆっくり丁寧に確認してみましょう。気になっていることを理論的に分析する必要はありません。「自分はこんな事が気になっているんだな」と“気づき”、その事を自分と一旦切り離して外から眺めてみるようにすると、自分と「問題」との間に距離がとれるようになり、段々とストレスを減らしていくことが出来ます。

 心のストレッチ。ご紹介した中で、これなら出来そう、やってみようと思えることからで構いません。柔軟な気持ちをもって、出来そうなことから始めてみましょう。
心のストレッチによって気分が軽くなると良いですね。

MORE TO READ

女性なら知っておきたいカラダのこと

紫外線から肌を守ろう

1月のプレート

正解はひとつ?

アクセサリー

4月のプレート

自転車のある暮らし

スカビオサ